借入をするときの審査について

借入をするときの審査について

借入の申込みを行うと、金融機関は審査を行います。
お金を借りると必ず返済をしなければいけません。
返済能力がない人にお金を貸すことはできないので、返済能力があるかどうかという点を見るために金融機関は審査を行うのです。

 

借入の申込みをするときは、名前、住所、電話番号などの基本情報に加えて、勤務先の情報が必要になります。
審査では、申込書に記入している勤務先に本当に在籍しているか在籍確認が行われます。
在籍確認は、電話で行われ、金融機関の名前は出さずに個人名で連絡が入るので勤務先に金融機関からお金を借りることがバレることはありません。
在籍確認をとることができなかったときは、手続きを行うことができない場合もあるので注意が必要です。

 

また、審査では、他の金融機関で借入がないかどうかの確認も行われます。
他社で複数の借入がある場合や返済がきちんと行われていない場合は手続きができないことが多いです。
他社でも借入をしている方は、返済が全て完了してから申し込みをするようにしましょう。

 

銀行系の金融機関と消費者金融では、銀行系の金融機関のほうが金利が低く利用しやすいと言われていますが、その分審査が厳しい会社が多いです。
どうしてもお金が必要だけど審査に通るかどうか心配だという方は、消費者金融を選んだほうが早くて手続きができるかもしれません。
しかし、消費者金融には収入の3分の1までしか借入を受けることができない総量規制が適用されるので金額に上限があるということを頭に入れておきましょう。